偏頭痛の症状は治療で改善できるうちに~危険を知らせるシグナル~

頭痛外来とは一体何か

考える医者

「頭痛外来」という言葉を聞いたことがある人も増えているでしょう。頭痛はとても身近な症状であるため、多くの人が放置してしまいやすいのです。市販薬を飲めば症状が治まる軽度頭痛の場合、病院に行こうという思考さえ生まれないほど軽視されている症状でもあります。ですが、一概に頭痛と言ってもその原因や症状、病名は様々です。頭痛が起きることに悩んでいる人のために生まれたのが頭痛外来であり、これから先、需要が増えていくであろうことが予想されます。診察や検査などを行ない、診断結果によって適した治療方法や薬の処方をしてくれる頭痛外来は、診療する医師の専門分野が多彩であるのも特徴と言えるでしょう。神経内科や脳神経外科は勿論、精神科や心療内科に精通した医師も数多くいるのです。そんなに多くの専門医に診療を担当してもらうのにはしっかりとした理由があります。それは、病気が関係している頭痛かそうでないのかをしっかりと見極めるためです。病気によって頭痛が引き起こされている場合、風邪や発熱などの軽い症状なら早い回復も見込めますが、くも膜下出血や脳梗塞、脳腫瘍などの命に関わる病気の場合には危険が伴います。適切な治療へとすぐに移れるように、頭痛外来には脳外科の専門医もいるのです。命に危険はなくても、日常生活に支障が出てしまう慢性頭痛の場合、治療を行ない原因を探ることで症状をコントロールすることができるようになります。頭痛が起きるタイミングやそれを防ぐ方法などを知ることで、偏頭痛や群発頭痛などと上手く付き合っていくことができるのです。

頭痛外来では、まず問診を行ない症状などについて詳しく話を聞きます。問診では家族に同じような症状を持っている人がいるか、なども聞くことがあります。偏頭痛は遺伝によって発症リスクが高まると言われているためです。また、頭痛を引き起こす病気の既往歴があるかどうかも合わせて問診されることが多いでしょう。問診によって病気の疑いがあるか慢性頭痛なのかを判断し、検査に移ります。検査により病気だと診断された場合には適切な治療を始め、異常がないと診断されると偏頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛のどれに当てはまるかを診断します。頭痛が起きる頻度や経過報告と照らし合わせながら行なうため、自分で起きる症状について把握しておくか書き留めるなどの行為も必要となります。最終的な診断名に基づき、症状の度合いに合わせて薬を処方してもらい治療を進めていくのです。患者に最も適した治療方法や薬を選ぶため、通院を必須としている診療医院やクリニックもあります。ライフスタイルの違いによって頭痛の起こる頻度やタイミングにも変化があるため、医師によって治療方針などが決まるまでは継続して受診しましょう。

Copyright© 2015 偏頭痛の症状は治療で改善できるうちに~危険を知らせるシグナル~All Rights Reserved.