偏頭痛の症状は治療で改善できるうちに~危険を知らせるシグナル~

子供も例外なく起きる

子供

偏頭痛は実は子供にもあります。大人よりも痛みが発生している時間が短いため、偏頭痛だという判断しにくいという特徴があります。また、子供の場合、風邪や発熱、知恵熱などでも頭痛を引き起こしてしまうため、頭が痛いと訴えても熱がない限りは重大な症状だと認識されにくい傾向にあります。実際に、偏頭痛により頭が痛いと訴えても、熱が無いからと保健室から教室に返されてしまう子供も多くいます。しかし、偏頭痛の症状が起きている時間は短くても痛みは酷い場合が多いです。大人の症状からも分かるように、音や光に過敏になってしまうため、授業は苦痛に感じてしまうでしょう。また、血管が拡張することで痛みは更に酷くなってしまうため、体育の時間に症状が悪化してしまう子供もいます。子供の偏頭痛に対して、教師を始めとする周囲の大人が関心と知識を持つことが大切なのです。持続している時間の短さだけでなく、頭痛の箇所が片側だけでなく両側に起こることなども特徴です。短い頭痛が起きたあとはケロッとしていることが多く、光や音に過敏に反応してしまう状態を上手く伝えることができないのです。そのため、サボるために嘘をついていると勘違いされてしまうことも少なくありません。大人に自分の言っていることを信じてもらえないと悩み、不登校に陥ってしまう子供も中にはいるのです。子供の偏頭痛はとてもデリケートでナーバスな問題です。

子供の偏頭痛は、生活習慣などが起因しているというよりは生まれつきの体質や遺伝の側面が強く出てしまっています。親が偏頭痛持ちの場合、子供にもこうした症状が出る可能性が高いことを早くから理解しておくことが大切なのです。また、規則正しい生活習慣を身体に覚えさせることで症状は少しずつ改善していきます。睡眠不足を防ぎ、寝過ぎも防止しましょう。また、暗い場所でテレビやスマートフォンなどを見ることも頭痛を誘発してしまいます。朝ごはんをしっかり食べる習慣をつけることが勿論ですが、バランスの良いものを与えるように配慮することも大切です。現在は偏頭痛を改善するための治療方法や薬も開発されていますし、頭痛外来も登場しています。問診や検査によって偏頭痛かどうかを調べることができます。頭が痛いという言葉を軽視せず、しっかりと調べましょう。子供は上手く伝える術を知らないため、汲み取って理解をすることが大切なのです。医師によって偏頭痛だと診断された場合、学校に診断書や証明書を提出することも可能になります。子供が安心して学校に通える環境を作ってあげることが重要なのです。

Copyright© 2015 偏頭痛の症状は治療で改善できるうちに~危険を知らせるシグナル~All Rights Reserved.