偏頭痛の症状は治療で改善できるうちに~危険を知らせるシグナル~

一度診察を受けましょう

女性に多い頭痛の正体

悩む女性

世界中で多くの人が悩まされている症状の一つに「偏頭痛」があります。偏頭痛持ちとされる人は日本国内だけでも800万人ほどいます。20代~40代の女性に最も多いという特徴があります。頭の片側だけが痛くなる人もいれば、混合型といって全体に痛みが発生してしまう人もいます。一度症状が起きると、4時間以上痛みに悩まされることも珍しいことではありません。嘔吐感が付きまとう場合もありますし、光や音に対して過敏になってしまうこともあります。目がチカチカしたり、身体に何かしらの兆候が出ることがあります。偏頭痛が起きる場合、多くの人が前触れを感じることが分かっています。痛みが来る、と認識している人は予め頭痛薬を服用するなどして対策を講じている人もいるほどです。頭痛が起きるには何かしらの原因があると言われており、ストレスを始めとする精神的なものが関係しているとされています。精神的なストレスを抱え込み過ぎて酷い頭痛を発症してしまう人や、睡眠時間の異常によって引き起こされることもあります。疲労が蓄積することでも偏頭痛は起きますし、女性ホルモンに起因していることもあります。予防・改善するためには、規則正しい生活を心がけることが大切ですし、適度なストレス発散方法を見つけることも大切となります。環境や食べ物が原因となって起きる場合もあるため、対処方法を広く見つけておくことも重要です。

偏頭痛が起きるメカニズムは解明されていないことも多く、謎な部分も多数あると言われています。しかし、だからといって解決方法がゼロというわけではありません。偏頭痛の薬は大きく2種類に分けることができ、偏頭痛が起きてしまったときに服用するものと、偏頭痛が起きないように予防として服用するものです。頭痛外来などで行われる薬物療法では、こうした効果と意図が違う2種類の薬を使い分けて治療を行ないます。熱を下げる効果と痛みを和らげる効果を持つ解熱鎮痛薬もありますし、痛みを感じにくくさせる阻害作用のある薬などもあります。現在では偏頭痛の痛みを軽減するのに効果的な治療薬も開発され使用されています。即効性や持続時間は薬によって違うため、個人の偏頭痛の症状に合わせて薬を医師に選んでもらうことが大切です。また、薬を服用し過ぎていると心配している人もいるでしょうが、服薬以外でも改善方法はあります。専門クリニックなどを利用して、一度カウンセリングに訪れてみてはいかがでしょうか。

-Contens-

原因は一体何だろう

医者

偏頭痛で悩んでいる人は多いのですが、原因は色々挙げられます。ストレスによって引き起こされるという人もいれば、極度の過労や不眠などが原因となっている人もいます。精神的な負荷に連動して起きやすいという特徴があるのです。

-記事詳細へ-

子供も例外なく起きる

子供

偏頭痛は子供でも引き起こされます。しかし、大人に比べると頭痛が起きている時間が短いため病院へ受診しない親も多くいます。頭痛を訴えているなら、短時間で症状が緩和しても頭痛外来などを受診してみると良いでしょう。

-記事詳細へ-

自分で行なうセルフケア

ナース

偏頭痛が酷い場合、病院へ受診するのも一つの方法ですが、自分で症状の緩和のためにケアすることができます。些細なことですが、対策を講じることで症状は劇的に緩和させることができます。

-記事詳細へ-

頭痛外来とは一体何か

考える医者

最近、頭痛外来とぃう言葉を良く聞くようになっています。頭痛外来とはその名の通り頭痛や偏頭痛の診察や診断、治療を主としています。他の病気で起きているのか関係ないのかを知るため、多くの専門医が連携しています。

-記事詳細へ-

Copyright© 2015 偏頭痛の症状は治療で改善できるうちに~危険を知らせるシグナル~All Rights Reserved.